今日司法試験の合格発表だったんですね。合格された方、おめでとうございます。ひまわり求人ナビにはブラックな事務所も多いので、気を付けてください。
というか、一気に合格者が減っている。来年は1500を割るでしょう。合格者に予備試験合格者が占める割合が増えている。
今後、法曹養成制度がどうなるか、予測する。
まず、合格者は、想像以上に早いペースで、恐らくは1000、さらにそれ以下まで減る。合格者の質の担保の要求は、想像以上に強いものと考えられる。
ますます廃止されるローが増え、そのペースが早まるところまでは、確実と考えられる。関西なら関関同立のうちのどこかがおそらく、5年以内に廃校になる。
その後の展開は二通り思い付く。
1つは、合格者が減ることで、法科大学院の人気が高まり、20校程度のローが生き残る。予備校から客を取られた法学部の教授たちの悲願が、皮肉にも、司法試験の合格者が減ることにより達成される。
もう1つのシナリオは、合格者が減っても法科大学院の人気は回復しない。その場合、どこかの段階で司法試験の受験資格要件から法科大学院卒業の要件は外れる。
恐らくは、合格者が減っても、法科大学院の人気は回復しない。そして、法科大学院卒業要件は、今から5年後位に、司法試験の受験資格要件から外される、と考えられる。
最終的に、司法制度改革はなかったことになる。そして、司法試験の受験資格要件から法科大学院が外れた頃、弁護士の需要がなぜか増えると予想する
この予想が当たるかは分からない。ただ、23年以内に司法試験合格者が1500人を割り込むという予想は、当りになりそうである。