上の期の先生になぜ、法曹を志したのか、と質問すると、単純に司法試験に受かりたかったと返事されることがある。また、少なくない割合で、大学受験で失敗したので、司法試験に受かろうと思った、という人がいる。それほど、過去の司法試験合格には、プレミアがついていたようである。40期くらいの先生の話だと、弁護士として働き出してから、5年くらいには、家を買っていたらしい。過去の司法試験は、一発逆転の試験であったことは間違いなく、だからこそ、多くの人が司法試験を志したのであろう。過去の司法試験には、人生を逆転するロマンがあったがゆえに、十年と試験を続ける人もいたように思える。翻って、現在は、司法試験に合格したとしても、借金が残るのみである。ロマンどころの話ではない。